投稿日:

スクールの他に軟式テニス教材も検討

どうも、松岡です。筋肉痛も治ったので、テニスの練習やトレーニングを再開しています。やはり、テニスの練習が終わった後は、爽快感がありますね。それでですね、先日に書いた記事では、ソフトテニスのスクールに通おうか検討していると書きました。スクールの場所や通う時間を考えると、テニススクールに行くのは、難しいと判断しました。仕事の都合上、平日の夜は時間がありませんし、週末はソフトテニスの試合や練習があるのです。そうした状況なので、スクールには通う時間がないのです。そこで、思いついたのがソフトテニスのDVD教材を購入して、動画で学んだことをテニス仲間と実践するという方法です。ソフトテニスの教材ということで、種類が少ないのが幸いなのかどうか分かりませんが、選ぶのに困りませんでした。野口英一さんのソフトテニス上達革命というDVDが良さそうです。2018年4月に発売ということで、今年に出たばかりで新しいDVDです。ソフトテニス上達革命では、私の課題であるバックハンドの練習法やサーブのフォームの矯正などが学べそうです。ついでに、スマッシュも得意にしたいところです。ソフトテニスが上達するためにこれをやればいいという練習メニューが知りたいですよね。テニス仲間と実践している練習メニューは、中学や高校の部活動の延長線上にある方法にすぎません。はたして、その練習メニューが適切かどうかの判断も実際はできていないのです。ソフトテニス上達革命の監修者である野口英一さんは、文大杉並高校で実績をあげている軟式テニスの指導者です。私が直接に指導を受けることは難しいかもしれませんが、ソフトテニス上達革命を見れば、多くのことを学べそうです。ソフトテニスが上手くなりたい人は、野口英一さんのソフトテニス上達革命をチェックしてみるといいと思いますよ。

投稿日:

ソフトテニスのスクールはあるのか?

どうも、松岡です。テニスの練習と筋トレのやりすぎでしょうか。腕や足が筋肉痛なので、今週末はテニスの練習はお休みにして、家でゴロゴロする予定です。テニスが上手くなりたいからといって、ハードな練習の結果、体を壊したら意味がありませんよね。軟式テニスと硬式テニスはボールが違うので、練習方法も異なります。基本は同じかもしれませんが、練習メニューは変えたほうがいいでしょう。最近はスランプで練習に励んでも、上達する気配がありません。先日も練習試合で、サーブのミスを連発してしまいました。身体に力が入りすぎているのか、フォームを見直す必要がありそうです。教えてくれる人が身近にいないので、ソフトテニス経験者向けのテニススクールに通うのもいいかもしれません。しかし、硬式テニスと違って、スクールの数が少ないのが難点です。ソフトテニスのスクールについて、ネットで検索して調べてみました。東京の昭島市にテニスユニバースが主催しているスクールがあります。昭和の森ソフトテニススクールですね。あとは、横浜にあるテニススクールノアというスクールもあります。Ken’s千葉校ソフトテニススクールは、家から近いので通えそうです。昭和の森テニスセンターは行ったことがあるのですが、ちょっと遠いですね。今日はテニススクールの話を書いてみましたが、指導実績のある方に習うというのが、テニスに限らずスポーツ全般に共通していると感じています。他のテニスプレイヤーを見ていても、自己流で上達できる人は少ないと思います。

投稿日:

ボレーやバックハンドが苦手

どうも、松岡です。今日も充実したテニスライフをおくっています。というのも、平日はテニスコートで練習できないので、自宅で筋トレをがんばっています。具体的には、足腰を鍛えるためにスクワットをやっています。スクワットは基本的に自重トレーニングですが、少し負荷をかけるために水が入ったペットボトルを持ってスクワットに励んでいます。力強いボレーを打つためには下半身の強化が必要だと考えています。足腰のふんばりが効かないと、上半身も安定しませんからね。松岡はサーブは得意なのですが、ボレーがヘタクソなのです。ついでに言わせてもらえば、バックハンドも苦手です。それで、ボレーが苦手だと、ストロークで打ってしまうので、ボレーをぜひとも克服したいと考えています。ボレーを打つときに、上半身に余計な力が入ってしまうのは、足首やハムストリングスの筋力が弱いことが原因だと判明しました。それで、スクワットをがんばることにしたのです。いまは、インターネットで調べれば、テニスのための筋トレ法についての情報サイトも出てきます。ただの筋トレサイトではなく、テニスに特化しているのがポイントです。筋トレの分野でいうと、なかやまきんにくんのブログも参考になりますが、彼はテニスをやっているわけではありません。やはり、テニス経験者である必要があります。筋肉の使い方や鍛え方は競技によって異なると思うのです。家でできるトレーニングの他には、テニス練習法の動画をYoutubeで見たりしています。あと、イメージトレーニングも需要です。

投稿日:

テニスの練習についての日記

はじめまして、会社員をしている松岡といいます。日記感覚でブログを運営することにしました。よろしくお願いします。松岡は、どこにでもいるサラリーマンです。私の趣味というと、社会人サークルでテニスをやっているくらいですかね。テニスをやっている松岡といっても、松岡修造ではありませんよ。親戚でもありません。誰もそんなこと聞いてないという感じですかね。まあ、松岡という苗字は特に珍しいわけでもないので、テニスをやっている松岡さんも全国にたくさんいそうです。あだ名が修造だったりしたら可哀相ですが。それで、私はテニスをやっているということですが、硬式ではなく軟式テニスをやっています。軟式テニスはボールが柔らかいゴムでできているソフトテニスのことです。中学や高校の部活では、ソフトテニス部が多かったりします。ソフトテニスは硬式にくらべて、マイナーではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、硬式野球とソフトボールくらいの違いはあるかもしれません。しかしながら、ソフトテニスの愛好家はたくさんいます。大学にも軟式テニスのサークルはありますし、社会人が集まっているソフトテニスのサークルもあります。私は地域の掲示板で見つけた社会人サークルに参加しています。週末には合同練習会や試合もあるのです。その他には、中学や高校の同級生と集まって暇さえあれば、今でもソフトテニスを楽しんでいます。そうです、私は学生時代に軟式テニス部に所属していたのです。そういえば、いま使っているヨネックスのラケットも傷んできたので、そろそろ新しいラケットが欲しいですね。次はミズノかダンロップのラケットもいいかなと考えています。金欠なので、しばらくは、ガットの張替えでしのぐことにします。